こぼれ話しをふたつほど

先日、松江から七類港へ向かうバスの中で、隣の席を空けてくれた女の子とお話しをしました。

海士町出身の彼女は、この春に島前高校を卒業し、初めての一人暮らしをしながら看護学校に通っているのだそう。

なんと小学校1年生のときから、身内の病気をきっかけに、海士町で看護師になることを決めていたという。

海士町のように濃厚な人付き合いの無い土地での暮らしに少し戸惑いながらも、夢に向かって着実に進んでいるその姿に、尊敬の気持ちを感じました。

素晴らしい若者の育っている島です。

さて。

すでに猛暑なのに、更に日に日に暑さを増しているような気がしますが。


朝からお庭でベストショットいただきました!

カメラマン:ヘルパー鈴ちゃん


妊婦の私を見て、お母さま方から色々なアドバイスをいただいておりますが、珍エピソードをひとつご紹介。

ドイツ在住の奥さま、2人目を妊娠中に雪かきをしたら、

なんと翌日トイレで出産してしまったとか!

ひとり目なのでね、さすがにそんなことは起きないかとおもいますが、、、それでも、力仕事は避けることにしようと固く誓ったのでした。笑


お盆を前に、早くも畑のお野菜も追いつかないほどたくさんの方々にお越しいただいております!

8月、早くも1/3が過ぎようとしています。ほんと、夏はあっという間ですね。

これまでの夏を振り返りつつ、今年の夏も輝いているなぁと思いながら。
おやすみなさい!