サザエ村夜の部と、しまのとしょしつ

晴れ空が心地よい、夏の空気です。

本日の一枚目は、隠岐の島の一等地、西町から八尾川を臨む、なんとも隠岐らしい景色からどうぞ!

  

変わってこちらは夜の中村海水浴場。

花火をしているのはこの日のお客さま。

なんと、女子高生2人で東京からはるばるやってきてくれたのです(*´∀`)

  

昼間に仲良くなったという、地元隠岐高校の女子3人もやって来てくれて、みんなで浜辺で花火を楽しむ。

親の居ない空間で、ちょっぴり夜更かししながら過ごす特別な時間…

17歳の夏の経験は、彼女たちの忘れられない想い出になってくれるかな(*´∀`)

それにしても、隠岐っこたちのフレンドリーさには脱帽!

「声が特徴的なのが⚪︎⚪︎で、前髪短いのが△△ね!よろしく!」

みたいなかんじで、まるでドラマのセリフのように上手に馴染んでいくのでした。

  

そして、女子高生ふたりがお土産にくれたのは、豪徳寺の「招き猫」。

このつるしとした素材となんとも言えない表情、そしてかわいすぎるミニチュア招き猫ちゃん。

商売繁盛を招いていただきます\(^o^)/

  

快晴のなか、飛行機で帰っていったふたり。

はじめは保護者もついてくる、というのをなんとか説得したそう。

大人無しで来たからこそ、のかけがえのない経験が出来たにちがいない、日本の未来に希望を感じさせる若者の笑顔に癒されました。

  

さて、場所は中村に戻りまして、こちらをご覧ください!!

  

待っていました、サザエ村「夜の部」!

中村海水浴場にあるお食事処サザエ村は、毎年夏の間だけ夜の居酒屋部門を開催しています。

ただ、今年は例年と違うことがひとつ。

お店を切り盛りする方が、ニューカマーなのです!

実は夜の部を担うHさんは、少し前に隠岐の島に移住してきた女性。

昨年の夏に佃屋に宿泊をしてくれて、この度隠岐の島にIターンすることを決意してやってきた彼女。

これからの活躍に期待です!

  

【お知らせ しまのとしょしつ より】

いろいろな方におすすめ本を寄付していただき、本箱を島内の各所に設置しよう、というこの「しまとしょ」プロジェクト。

先日、島の木で作る本箱が、ついに全て完成しました!

 
佃屋にも早速設置。

「旅人の本箱」に、オススメ本を寄付してくださる方、絶賛募集中です\(^o^)/