春を探しに

メイン

海士町からあるおともだちが来ていたので、
島後の名アテンダーK氏にお声掛けして、
急遽島を案内することに。

14:30、港集合~17:30のレインボーで帰宅の3hコース。
さて、どこまでいけるか。

**

まずは、かぶら杉裏で川遊び。

かぶら杉裏の川2

素足で川の温度を感じる。

触れているのは足だけなのに、
まるでカキ氷を食べたときみたいに、
頭までキーンとなる冷たさ。

かぶら杉裏の川

自然に素肌で触れるっていうのは、本当によいデトックスで、
こないだのセミナーで聴いて驚いたエピソードがあるのでご紹介を。

とある都会に住む女性が、田舎で田植え体験をしに来ました。
素足で田んぼの中に入ることに抵抗を感じていた彼女が、
泥の中に入った途端。
なんと、ずっと不順で悩まされていた生理が来たんだそうです。

まさに自然の力でカラダが正常な状態に浄化されたという現象ですよね。

**
続いて、佃屋見学。
ちょうど管理をしてくださっているおばあちゃんがいたので、
お話しをしていると、山菜の話題に。

家の裏手に入り、食べることのできる山菜を教えてもらいました。

▼ユキノシタ、葉ワサビ、ヨモギ
山菜収穫

どれも天ぷらにしたら良いそうなので、今夜の夕食に早速試そう!と収穫。
自家製のシイタケももらっちゃいました^^

**
その後、乳杉に久々のご挨拶をし、急遽の提案で鷲ヶ峰へ。
この時点で16:20、船の時間まであと1時間ちょい。
とりあえずいけるところまで行ってみよう、と登山開始。

▼絶景ポイント1:写真じゃ伝わんないな、実際来ないと!
鷲ヶ峰 絶景ポイント1

▼絶景ポイント2:屏風岩ハケーン!!
鷲ヶ峰 絶景ポイント2

▼おまけ:お客様そっちのけではしゃぐアテンダント
はしゃぐアテンダント

往復の所要時間わずか40分の登山で、ここまでの絶景に出逢えるなんて、
これはまた新たなおすすめコース発見でした。
大収穫です。

**
無事時間内に港へ帰還し、お見送り。

そして、収穫した山菜たちを、さっそく調理。

山菜をてんぷらにします

ユキノシタは、シャキシャキとした食感が面白い!
葉ワサビは、独特の香りがあり美味でした。
ヨモギは形状が他の2者とは違く、食感と香りともに違いを楽しめました。
椎茸は肉厚で香りも良く、おいし~!!!

山菜の天ぷら

自然発生の旬の山菜を収穫し、その日にいただく。
こんな贅沢はございましょうか。

これまたメニューに追加必須の体験です。
日々新たなことにチャレンジし続けること、大発見がいっぱいです。


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL