暮らすように楽しむ

夏の営業が盛り上がってまいりました。

そうなると、ご近所からの訪問者も不思議と増えてきます。
ある日帰宅すると

お供え物のようなキュウリの山!
そしてまた次の日に帰宅すると

魚の山!

しかもこれ、釣ったのではなく、モリで突いたやつという!!

ありがたやありがたや。

美味しくいただきます。

東京から一人旅のお客さま、釣りをして魚を捌きたい!とおっしゃるので、まずは釣りから。
師匠はもちろん中村のおっつぁんたち。

間違いなく釣らせてくれます。

そして魚の鱗を取りながら「坊主頭のうなじを触っているみたい」とのコメントを残しつつ、ナイスな手さばきでやってくれました!


こちらは新スタッフのまにちゃんが、「石鯛をまるで肉のように食べる」というイチオシの逸品を炙っているところ。


みんなで獲って、作って、食べる。

シェアハウスのような、姉妹のような気持ちになりながら過ごした2日間でした。


お昼食べて、商店でアイス買って、お昼寝して。
そうそう、佃屋の人気メニューのひとつは「お昼寝」なのです。
忙しく都会で働く日々から逃れて、ふっとうたたねするひと時こそ、最高な楽しみ方なのかもしれません。

忙しく観光地を回るのではなく、隠岐の島に暮らしている気持ちになって、近所を歩いてる、地元の人たちとお話しして、のんびり過ごす。

これこそ佃屋の醍醐味です。

ぜひ2泊以上、ごゆっくりとおこしください(*´`)