自転車ツアー!

兼ねてからオススメさせていただいている、隠岐の島のチャリンコライド!
アップダウンが激しく、初心者には少々ハードかもしれませんが、
海あり・山あり、登った分だけ下れる壮大なストーリを味わえるのは、
隠岐の島ならではの自然構造があってこそ。

そんなわけで、この島にはチャリダーたちが怪しくひっそりと、
しかし確かに存在しています。
そんな仲間達を増やすべく、みんなで楽しみを分かち合うべく開催された「隠岐ジオパークライド」(正式名称は知りません!笑)に参加させていただきました^^
001

・・・とここで実は。
佃屋おかみの自転車は前輪のパンクがギリギリで発覚し、なんとチャリ乗りを断念・・・。
昨年のちょうど今頃、
1週間かけて九州は博多~天草を爆走したまま、タイヤ交換もしていなかったせいでしょうか。
002

 

というわけで今回は、ブンテン母さんの車に乗せてもらって、撮影隊にまわることに。

※ちなみに、ブンテンさんのブログでより素敵なお写真と語り口で、今回のジオライドが紹介されているので、ぜひぜひまずはそちらからご覧いただいて(こらこら 笑)、まだお時間あれば以下読み進めください。

>> 隠岐の島自転車ジオツアー♪|京見屋分店

 

・・・しかし前日から身体を作ってきた(詳しくは>>前々回ブログをお読みください)わたくし我慢できず、途中走ったり自転車借りたりバイクに乗ったり・・・と怪しく満喫させていただきました(ジっとしてられないんですよ)w

みんなでポイントポイントで集合しながら、西回りを攻めていきます。

003

登ったぶんだけ下りがある!軽快ですね~^^

004

壮大な山の景色、自転車に乗りながら眺めると気分がまた格別!005

心配だったお天気も、チラリチラリと晴れ間を見せながら進む、前半戦。

006

山を越えて現れるのは、都万の海!

007

あれ、いつの間に、チャリンコは断念でしょうか?笑

008

昔ながらの船小屋が並ぶ、これも隠岐ならではのイイ景色ですね~009

「隠岐のレインボーブリッジ」の下をくぐり抜け・・・

010

 

ここで、ジオパークツアーの名目にふさわしく、隠岐の自然体系などに関する興味深いお話しを、パークレンジャーBさまが語ってくれました。

(聞いた時はへぇぇって思ったんですけど、えっと、詳細はご本人に聞いてください!確か、このポコっとでている山のことを何か話していた気がするんですけどねぇぇ)

011

 

▼カメラに愛想ふりまいてくれるのは、最近隠岐の島で3台目となるGIOS乗りとなったSさま。

いーなー、GIOS!!

こうやってチャリ愛好家が増えていくのも、このライディンググループの怪しい普及活動のおかげですね^^

012

お昼は那久の「くすもと」さん。

隠岐らしい食事が楽しめる、ということで、とっても楽しみにしていたこの時間。

013

こうやって見ると、参加者の多さを感じます。

ベテラン・常連・初心者・島外の人・島出身者、

ALTにレンジャーに警察官に店長に女将にじき社長に校長(笑)などなど・・・肩書だけでも個性豊かな面々!

014

そして待ってました!お弁当タイム!!

ボンベ飯に亀の手汁・・・地のもので作る、手間暇かけられた愛のあるお弁当・・・

あれ、今回のメインってチャリ乗りじゃなくって、このお昼を食べることだった?

016

015

ここでひとり何故か野外でキャンプ飯はじめる怪しい人アリw

017

 

そして、雨が近付いているということもあり、後半はコースを変更して、元来た道を戻ることに。

体力ありあまっていたわたくしは、途中リタイアした女子に代わって、最後のオイシイとこだけチャリダーさせていただきましたw

 

【おまけ1:直会@スプンティーノ】

お誕生席から眺めると、チョットした合コンみたいになっていて面白かったです。

なんと最年少は平成四年産まれ!ひょえ~

 

019

 

【おまけ2:猫尾バス待合所】

某ジブリ映画を思い起こすような、ほんわかした雰囲気の待合所を見つけました^^

地名の語源がきになるところ。

018

 

【おまけ3:トップを走るおかみ(仮)】

ブンテン母さんが撮ってくれた、かっこいい一枚!笑

こうみえても子供のころ、持久走大会はいつも1位だったんですよ~。

お気に入りのシイラTシャツを着て、チャリンコ族に負けずラン!です。

020

 

こういったイベントからこそ、隠岐の島ラバーズが増えて行くのではないでしょうか^^

イベント企画・運営・お誘いくださったアクティブレンジャーのお二方ほか運営に関わってくださったみなさま、おつかれさまでございました&ありがとうございました!

次回開催を楽しみにしております!


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL