ベコシーズン到来

こんにちは。ヘルパーの麻実です。

一回目の投稿で大将のお父さん大人気(笑)
大将のお父さんは「ばいちゃ!」とひっそり島後を去っていきました。
15分後に重要な忘れ物をしたと、急いで帰ってきましたけど

↓これ
ベコとり

ベコ(アメフラシ・ウミウシのこと)
いつまでも少年の心を失わないお父さんでした。

隠岐ではベコを食べる文化があるのは聞いていたけど、
味見をしてみて…

・・・珍味が好きな人にはどうぞ

さて

地元の人に誘われて山登りに行ってきました!
数時間で簡単に登れて景色がいいよーとのこと
佃屋から見えていた山は確かに近そう

いそいそ準備していると
一緒に行くIターンのIさんが「飲み物持った? 軍手持った?」と。

…ん?軍手?

集合したら地元の人は鉈持っていたよ。
何となく察して、いざ出発!
DSC08768c

足元を確認しながらずり落ちない様によじ登り
倒木を乗り越え、鉈で道を切り開いていく

DSC08713c
DSC08705c

かっこいい表現だけど
朽ちた木をなぎ倒し、邪魔な倒木を力任せに排除する姿は
…クマ?

この季節は新緑が美しく、
DSC08725c

スリル感満載の崖から望む中村は海が青くきれいでした

中村の絶景

さてさて、こちら大将でございます。
ベコと聞いたら黙っておれません。
なにせわたくし、100人に1人と言われている「ベコアレルギー」の持ち主。

触りたくても触れない、食べたくても食べられない。
「アレルギーをお持ちですか?」記入欄が登場した折には、書くべきか書かぬべきか迷うところなのであります。

べこと大将の出逢いについては、こちらを御覧ください
>> 【閲覧注意】過去ブログ「ベコ料理」

こんなにキモチワルイもので遊ぶなんて、とっても楽しいのになあ、と、
指をくわえながらベコ見つける係を担当してきました。

地元の人もビックリの、巨大ベコを捕獲!

巨大なベコ(アメフラシ)

ホント、この見てくれで紫の液出してくるとか、キモチワルさの極みです。

巨大なベコ(アメフラシ)

 

捕獲したら、その場で海水で洗いながら、内臓を取り出します。

海水が紫色に染まっていくのがご覧いただけますでしょうか。

巨大なベコ(アメフラシ)

ベコそのものから水分が大量に出るので、そのまま火にかけて、10分。

こんなに小さくなります。

巨大なベコ(アメフラシ)

 

ここまで来るとホラ、なんだか愛らしく見えてきたでしょう。

巨大なベコ(アメフラシ)

あらゆるサイズのベコちゃんたち

ベコ(アメフラシ)たち

 

マトリョーシカ風

ベコ(アメフラシ)たち

冷凍保存だってできるよ

ベコ(アメフラシ)たち

ベコ取り体験は今が旬!でございます。

果たして、お問い合わせは来るのだろうか・・・

 

 


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL